資料請求フォーム

部活動紹介

伝統の北海高校でスポーツに打ち込もう!

男子硬式テニス部

運動部
顧問 中島 正人
部長 浅野翔織
副部長 三上翔平
部員数 1年生 13名 2年生13名、3年生2名 計28名 (2017年5月現在)
2010年7月に完成したオムニコート!!
ボレーボレーコーナー。ここで筋トレなどのトレーニングも行います。
2016年インターハイ団体戦第3位(帯広の森)
アスレティックトレーナーによるトレーニングの様子

●方針目標
部の目標は、毎年コンスタントに活躍できるチームを目指し、団体戦全道大会ベスト4以上、最大の目標として全道制覇・全国大会出場を掲げています。2012年と2016年の全道大会では団体戦で3位に入り、次なる目標である全道大会制覇へ向け日々練習に励んでいます。

●活動報告
2010年7月に念願のテニスコートが完成し、日々精力的に練習を行っています。夏季(4月〜9月)は、毎日16:00〜日没まで、本校テニスコート及び豊平公園テニスコートで、秋季は本校コートに加えて、照明設備のある月寒公園テニスコートで行っています。
土・日はマッチ練習や練習試合を行い各種大会へ向け実践力強化に努めています。冬季は、週3~4回のコート練習をレギュラーと準レギュラーに分け実施し、他の日にはトレーニングを行っています。冬季はどの高校でも練習時間がかなり制限されますが、北海きたえーるや学校開放、民間のコートをフルに利用して、レギュラーは1面6人程度に制限し練習を実施しています。冬季も含め練習環境は他校に比べ充実していると思います。

●練習環境・設備
 本校テニスコート2面(オムニコート2面)
 部室棟
 ・トイレ
 ・水飲み場
 ・更衣室
 (夏期期間)豊平公園、月寒公園 
 (冬期期間)民間のインドアコート、学校開放、北海きたえーる
 

●練習内容(夏季)
 月 コート練習
 火 コート練習
 水 コート練習
 木 コート練習
 金 コート練習
 土 コート練習(マッチ練習中心)
 日 コート練習(マッチ練習中心)

●練習内容(冬季)
 月 コート練習
 火 トレーニング
 水 コート練習
 木 トレーニング
 金 トレーニング
 土 コート練習
 日 休み
※このほか不定期で北海きたえーるのフローリングで練習

●入学を考えている中学生の皆さんへ
北海高校男子テニス部では、一緒に全道・全国大会を目指す精鋭を募集しています。是非一度見学や練習に参加してみてください。お問い合わせは中島までよろしくお願いします。

※練習へ参加されたい場合(随時受け付けております)
→参加希望の中学生は電話連絡(011-841-1161:交換が出ます。北海高校の中島につなげてくださいとおっしゃってください)の上、中学校の担任の先生にその旨を伝えて参加してください。


●チームスタッフ
[外部コーチ]長谷川洋一郎(藻岩高校OB)
[トレーナー]金子太一(日本体育協会アスレティックトレーナー)

●大会結果
 ・インターハイ全道大会 
  【団体戦】 5大会連続出場中
  【個人戦】 7大会連続出場中
 ・選抜全道大会     
  【団体戦】 5大会連続出場中
  【個人戦】 4大会連続出場中

●使用ブランド
 ラケット HEAD
 ウエア DIADORA
アクセサリー HEAD

■平成29年度

北海道ジュニア室内テニス選手権大会
(U-18 ダブルス)
三上翔平組 準優勝

春季大会
(団体戦)
第5位

(個人戦シングルス)
三上翔平 ベスト16
浅野翔織 ベスト16

(個人戦ダブルス) 
三上翔平・浅野翔織組 第5位

インターハイ地区大会
(団体戦)
第5位 全道大会出場

(個人戦シングルス)
三上翔平 第6位 全道大会出場
浅野翔織 ベスト16 全道大会出場

(個人戦ダブルス)
三上翔平・浅野翔織組 準優勝 全道大会出場
高松空良・佐藤航翼組 ベスト16 全道大会出場


■平成28年度

北海道ジュニア室内テニス選手権大会
(U-18 シングルス)
白鳥大地 ベスト4
伊藤昴  ベスト8

春季大会
(団体戦)
第6位

(個人戦シングルス)
伊藤昴 第3位
白鳥大地 ベスト16

(個人戦ダブルス)
伊藤昴・白鳥大地組 ベスト16
三上翔平・田島晃尚組 ベスト16

インターハイ地区大会
(団体戦)
第5位 全道大会出場

(個人戦シングルス)
伊藤昴 第5位 全道大会出場
白鳥大地 ベスト16 全道大会出場

(個人戦ダブルス)
伊藤昴・白鳥大地組 第6位 全道大会出場
三上翔平・田島晃尚組 ベスト16 全道大会出場

インターハイ全道大会
(団体戦)
第3位

(個人戦シングルス)
伊藤昴 ベスト8
白鳥大地 ベスト8

(個人戦ダブルス)
伊藤昴・白鳥大地組 ベスト8

北海道ジュニアテニス選手権大会
(U-18 シングルス)
伊藤昴 ベスト4 (2年連続全日本ジュニアへ出場)

ダンロップカップ
(U-16 シングルス)
三上翔平 第3位
(U-16 ダブルス)
三上翔平・浅野翔織組 第3位

Wilsonサマーカップ
(U-18ダブルス)
玉置凌平組 ベスト8
(U-16シングルス)
三上翔平 優勝
浅野翔織 準優勝
(U-16ダブルス)
三上翔平・浅野翔織組 優勝

選抜支部秋季大会
(団体戦)
第5位 全道大会進出

(個人戦シングルス)
三上翔平 BEST12 全道大会進出
浅野翔織 BEST16

(個人戦ダブルス)
三上翔平・浅野翔織組  第5位 全道大会進出

選抜秋季全道大会
(団体戦)
ベスト8

(個人戦シングルス)
三上翔平 第3位

(個人戦ダブルス)
三上翔平・浅野翔織組 ベスト8

北海道ジュニアインドアテニストーナメント
(U-18 シングルス)
三上翔平 ベスト4


■平成27年度

北海道ジュニア室内テニス選手権大会
(U-16 ダブルス)
伊藤昴組 準優勝

春季大会
(団体戦)
準優勝

(個人戦ダブルス)
佐藤元規・伊藤昴組  ベスト16
奥田捷人・白鳥大地組 ベスト16

インターハイ地区大会
(団体戦)
ベスト4 全道大会出場

(個人戦ダブルス)
佐藤元規・伊藤昴組 第6位 全道大会出場
奥田捷人・白鳥大地組 ベスト16 全道大会出場

インターハイ全道大会
(個人戦ダブルス)

佐藤元規・伊藤昴組 ベスト8 
奥田捷人・白鳥大地組 ベスト16

北海道ジュニアテニス選手権大会
(U-16 ダブルス)
伊藤昴組 優勝(全日本ジュニアへ出場)
玉置凌平組 ベスト8

ダンロップカップ
(U-16 シングルス)
伊藤昴 優勝
(U-16 ダブルス)
伊藤昴組 優勝
(U-18 ダブルス)
白鳥大地・田島晃尚組 ベスト8

Wilsonサマーカップ
(U-18シングルス)
白鳥大地 準優勝
田島晃尚 ベスト16
(U-18ダブルス)
白鳥大地・田島晃尚組 ベスト4
岩見佳汰・川口慧組  ベスト16
(U-16ダブルス)
玉置凌平組 ベスト8

選抜支部秋季大会
(団体戦)
第4位 全道大会進出

(個人戦シングルス)
伊藤昴 第6位 全道大会進出
白鳥大地 BEST12 全道大会進出

(個人戦ダブルス)
白鳥大地・伊藤昴組  第5位 全道大会進出
田島晃尚・岩見佳汰組 BEST16 全道大会進出

選抜秋季全道大会
(団体戦)
ベスト8

(個人戦シングルス)
伊藤昴 ベスト16
白鳥大地 ベスト16

(個人戦ダブルス)
伊藤昴・白鳥大地組 ベスト16

■平成26年度

春季大会
(団体戦)
第5位

(個人戦ダブルス)
佐藤元規・白鳥大地組 ベスト16
鎌田裕志・奥田捷人組 ベスト16

インターハイ地区大会
(団体)
第6位 全道大会出場

(個人戦ダブルス)
鎌田裕志・佐藤元規組 第7位 全道大会出場
奥田捷人・白鳥大地組 ベスト16 全道大会出場

インターハイ全道大会
(団体戦)
ベスト8

ダンロップカップ
(U-16 ダブルス)
白鳥大地・岩見佳汰組 第3位

選抜支部秋季大会
(団体戦)
第5位 全道大会出場

(個人戦ダブルス)
佐藤元規・伊藤昴組  第6位 全道大会出場
奥田捷人・白鳥大地組 第7位 全道大会出場

選抜全道秋季大会
(団体戦)
ベスト8

■平成25年度

北海道ジュニア室内テニス選手権大会
(U-18 シングルス)
田中悠太 ベスト16

春季大会
(団体)
第7位

インターハイ地区大会
(団体)
第5位 全道大会出場

(個人戦シングルス)
田中悠太 第8位 全道大会出場

(個人戦ダブルス)
田中悠太・吉田敦郎組 ベスト16 全道大会出場

インターハイ全道大会
(団体戦)
ベスト16

(個人戦シングルス)
田中悠太 ベスト16

(個人戦ダブルス)
田中悠太・吉田敦郎組 ベスト16

北海道ジュニアテニス選手権大会
(U-18 シングルス)
田中悠太 ベスト8

(U-18 ダブルス)
田中悠太組 ベスト8

Wilsonサマーカップ
(U-16ダブルス)
鎌田裕志・佐藤元規組 準優勝
奥田捷人組      第3位

選抜支部秋季大会
(団体)
第6位 全道大会出場

選抜全道秋季大会
(団体戦)
ベスト16

北海道ジュニアインドアテニストーナメント
(U-18 シングルス)
奥田捷人 ベスト4

■平成24年度

北海道ジュニア室内テニス選手権大会
(U-18 シングルス)
岡田潤一朗 ベスト16

(U-18 ダブルス)
田中悠太組 第3位

インターハイ地区大会
(個人戦シングルス)
岡田潤一朗 ベスト16 全道大会出場

(個人戦ダブルス)
岡田潤一朗・田中悠太組 ベスト16 全道大会出場

インターハイ全道大会
(個人戦ダブルス)
岡田潤一朗・田中悠太組 ベスト16

Wilsonサマーカップ
(U-18シングルス)
田中悠太 優勝
鈴木匠大 ベスト16
(U-18ダブルス)
田中悠太組 優勝
(U-16ダブルス)
荒川周平組 第3位

ダンロップカップ
(U-18ダブルス)
田中悠太組 第3位

国体全道大会
(シングルス)
岡田潤一朗 ベスト16

選抜支部秋季大会
(団体)
第5位 全道大会出場

(個人戦シングルス)
田中悠太 第7位 全道大会出場

(個人戦ダブルス)
田中悠太・吉田敦郎組 第3位 全道大会出場 
                 

選抜全道秋季大会
(団体戦)
第3位

(個人戦シングルス)
田中悠太 ベスト16


■平成23年度

インターハイ地区大会
(個人戦ダブルス)
岡田潤一朗・吉田拓矢組 ベスト16 全道大会出場

インターハイ全道大会
(個人戦ダブルス)
岡田潤一朗・吉田拓矢組 ベスト8

北海道ジュニアテニス選手権大会
(U-16 シングルス)
岡田潤一朗 ベスト8

(U-16 ダブルス)
岡田潤一朗・田中悠太組 ベスト8

ダンロップカップ
(U-16 ダブルス)
岡田潤一朗・田中悠太組 第3位

Wilsonサマーカップ
(U-16 シングルス)
岡田潤一朗 ベスト8



●卒業生の進路
2010-16年度卒業生(過去7カ年)

北海道大学(2名:現役)、北海学園大学(17名)、北海道教育大学札幌校、弘前大学、長崎大学、法政大学(2名)、日本大学、神奈川大学(2名)、東京農業大学、帝京大学(2名)、北星学園大学、北海道医療大学、北海道工業大学、札幌大学、北海道情報大学、札幌国際大学

北海高校テニス部では部活動だけに偏ることなく、文武両道を目標に勉強にも励むよう指導しています。