資料請求フォーム

部活動紹介

伝統の北海高校でスポーツに打ち込もう!

硬式野球部

運動部
顧問 責任教師: 立島 達直   監督: 平川  敦    副部長: 村山 嘉一
部員数 94名

この度の甲子園出場に際し、皆様から多くのご声援をいただきましたことに、心よりお礼申し上げます。
今後もこの経験を糧に、歴史と伝統を受け継ぎ、再び甲子園の舞台に立つことができるよう、精進してまいります。

 
【北海高校 硬式野球部の概要】

 硬式野球部は1901年(明治34年)に創部し、北海道の高校野球の歴史とともに歩み、春12回、夏38回(今夏を含む=全国最多)の甲子園出場を重ねてきました。
 1963年(昭和38年)の第35回選抜大会では準優勝、2011年(平成23年)には春夏連続甲子園出場、このときの選抜大会ではベスト8に進出しました。そして、昨年夏の甲子園準優勝に続き、今夏3年連続の甲子園出場を果たすことができました。
 また、多くのプロ野球選手を輩出するなど、諸先輩が築いてきた輝かしい歴史と伝統に支えられ、それを今後も受け継ぎ、さらなる進化を目指して活動しています。
 甲子園を目指すことはもちろんですが、高校生として勉学に励むこと、人間性の向上に努めることを念頭に置き、進路目標の達成を最終目標として、社会に貢献できる人材の育成を目指しています。

 私たちは接戦を勝ち抜く力をつけるため、『守備からリズムをつくる野球』をモットーとして、「基本の習得」に重点を置き、日々の練習に取り組んでいます。
 堅実かつ正確な守備で失点を抑えること、そして、状況に応じた打撃と走塁で目の前の1点を確実に得ることが、厳しいトーナメントを戦い抜く原点だと考えます。
 私たちが目指す野球を部員全員で徹底し、激戦の北海道大会を勝ち抜くことができるよう、そして、全国レベルの実力を養うべく努力します。
 本校野球場には、照明設備やラバー付きフェンスも設置されており、充実した環境の中で日々厳しい練習に取り組んでいます。

〈2008年以降の主な実績〉
○甲子園出場:春1回、夏5回(準優勝1回)
○北海道大会優勝:8回(春3回、夏5回、秋1回) 

2008年(平成20年)
 春:北海道大会 ベスト4
 夏:南北海道大会 優勝
 ☆第90回全国高等学校野球選手権大会 出場
 秋:北海道大会 出場
2009年(平成21年)
 秋:北海道大会 出場
2010年(平成22年)
 春:北海道大会 優勝
 秋:北海道大会 優勝
 ☆第41回明治神宮野球大会出場
2011年(平成23年)
 ☆第83回選抜高等学校野球大会 ベスト8
 春:北海道大会 ベスト8
 夏:南北海道大会 優勝
 ☆第93回全国高等学校野球選手権大会 出場
 秋:北海道大会 ベスト4
2012年(平成24年)
 春:北海道大会 優勝
 夏:南北海道大会 ベスト4
 秋:北海道大会 ベスト4
2013年(平成25年)
 春:北海道大会 出場
2014年(平成26年)
 春:北海道大会 出場
 秋:北海道大会 準優勝
2015年(平成27年)
 春:北海道大会 優勝
 夏:南北海道大会 優勝
 ☆第97回全国高等学校野球選手権大会 出場
2016年(平成28年)
 夏:南北海道大会 優勝
 ☆第98回全国高等学校野球選手権大会 準優勝
 ☆第71回国民体育大会(岩手国体) 出場
2017年(平成29年)
 夏:南北海道大会 優勝
 ☆第99回全国高等学校野球選手権大会 出場