資料請求フォーム

新着情報

札幌市にある北海高等学校から
新着情報をお知らせしています。

開校記念日 校長講話

2022-05-13校長先生から

今年度の開校記念に関わる集会には、生徒は各教室において、パワーポイントを活用しながら次のような校長先生のお話を聴きました。

5月16日は本校の開校記念日です。1885年(明治18年)の創立以来、137周年を迎えることになります。今日は、北海の歴史と建学の精神にまつわる話をしたいと思います。
北海高校の前身は北海英語学校です。大津和多理らによって創られた北海英語学校は、札幌農学校(現北海道大学)への進学を目的に開校されました。
その2年後、初代校長となったのが浅羽靖先生です。「北海の父」と称えられている人物です。この頃の日本は、日清戦争から第一次世界大戦に至る時期で、いわゆる富国強兵政策の下、教育においても近代化が求められていました。しかし、当時、道内にあった官(公)立中学校は4校しかなかったこともあり、中等教育機関を充実させる必要性から1905年、日露戦争の最中に私立北海中学校が創設され、間もなくして教育方針である学訓も設けられました。その中に「質実剛健」や「百折不撓」という直接的な言葉は見当たりませんが、明らかに当時の国家政策が関わっていたことが伺われます。
1908年、明治天皇の名で「戊申詔書」が発布されました。この詔書は西欧列強と肩を並べた日本が、その地位にふさわしい経済的発展を果たすために、国民に対して勤労の精神と道徳を説いたものです。「国民は質実を重んじよ」とあり、飾り気がなく真面目で心身ともに強いという人間像は、当時の国家が求めた理想の国民像でり、「質実剛健」は画一的な教育目標を表すスローガンとして、本校のみならず全国各地の旧制中学校の校訓に採用されたことが推測できます。
 浅羽校長の学訓は、国家の役に立つ人材を育てる教育目標を鮮明にしていましたが、それは生徒を一つの鋳型にはめ込むものではなく、人間教育を重んじるものであり、底流には官立とは違う私学独自の教育観があったとされています。実際、生徒らによって独自の校風が既に作られていたことが「協学会誌」の中に見られます。協学会誌とは、現在の生徒会誌に近いものですが、当時の北海生は今とは比較にならないくらい何事にも積極的で主体的に見えます。
2代校長となった戸津高知先生は33年間校長を務められましたが、それは浅羽校長の志を引き継いで、特に大正デモクラシーの頃からは生徒の主体性と個性を伸ばす柔軟な教育へと転換されました。現在の北海高校の教育の原点になるものがこの時代に築かれたと言っても過言ではないでしょう。生徒は上辺を飾らず自らの意志と自由な立場で、真摯に学校生活に取り組んでいた様子が伺えます。この頃からはスポーツはもちろん文化活動も盛んになり、現在の文芸部、新聞部、美術部、弁論部などはとりわけ活発でした。例えば弁論部は、北海生だけではなく、札幌農学校や小樽高等商業学校(現小樽商科大学)の学生らを招いて、多くの一般生徒、先生方を聴衆に演説大会を催していました。そもそも演説は北海生にとって日常的なものだったかも知れません。卒業式には研究発表の名で日本語だけではなく英語でも演説会が行われ、運動部の部長などは協学会誌に論説を載せたりもしていました。当時の北海生の活動から見えてくるのは、他校にはない在野の精神と自由と正義、あるいは自立と自治が顕在化されていたことです。はじめは、時代の影響を受けて示された「質実剛健」でしたが、公立学校が掲げた「質実剛健」とは明らかに違う、北海独自のものになっていたと考えられます。「質実」は、信頼される人間であるための基礎と考えられ、「剛健」であることは自分らしく生きるために不可欠なことであるとし、学校はもちろん生徒らにとっても、この言葉に誇りを持つようになっていたと考えられます。
一方、「百折不撓」の語源は、中国の後漢の時代の碑文にまで遡ります。北海のように旧制中学校からの歴史を持つ学校の校訓として採用されているものの多くに「不撓不屈」がありますが、なぜ北海では「百折不撓」となったか、確かな情報はありませんが、少なくとも「質実剛健」のように学校が示したものではなかったようです。
北海道は開拓地であったこともあり、古くから官尊民卑の風潮が強いところでした。今日にもその傾向があるといえるでしょう。当時、札幌における中学受験で、第一志望校になったのは札幌一中(現札幌南)や札幌二中(現札幌西)でした。北海中学に入学するものの大半は、その入試に失敗した者たちでした。この挫折が、かえって一中や二中にいった者たちには絶対に負けたくないという思いが北海生の気概になりました。協学会誌には、「七転八起は世の常とし、百回どころか千回挫折しようとも決して屈せず、失敗は自分を一層強くさせてくれるものであり、再び挑戦する勇気が与えられるものだ」と演説した生徒がいて、とりわけ運動部員などがこれに共感して、北海生の団結力の高さは相当なものであったことが想像できます。
つまり「百折不撓」は、はじめから建学の精神として打ち出されたものではなく、生徒自らが中学受験から続く悔しさと北海での日々の生活の中で感じたもの、生み出されたものの実感として「不撓不屈」ではなく、あえて「百折不撓」という言葉を重んじるようになり、それが代々受け継がれていくなかで建学の精神として定着されていったものと考えられます。
徐々に北海生は、現在に伝えられる「質実剛健・百折不撓」の精神を心から大切するようになり、内側に熱く秘めるものを持って人間力を磨き、必死に勉強したり、汗にまみれ泥にまみれてスポーツや文化活動に打ち込む者が後にも続き、それぞれがその経験を人生の確かな土台として活かすようになりました。
どちらかというとスポーツのイメージが強い学校ですが、実は多様な分野で活躍していることが今も昔も北海の大きな特徴です。本校一階には2つのブロンズ像があります。一人はオリンピック金メダリストの南部忠平先生です。もう一人は文化勲章の黒川利雄博士です。黒川先生は、癌研究の第一人者として東北大学の学長を務められた他、日本学士院長にもなっています。猛烈に勉強をした代表といってよいでしょう。この他、日本史の教科書に登場する社会主義経済学者の野呂栄太郎をはじめとする学者や政治家、企業家、生徒玄関横にある「わだつみ像」の制作者本郷新や羊ヶ丘展望台にある「丘の上のクラーク像」の制作者坂坦道などの芸術家、芥川賞作家や直木賞作家など、これほどまで多彩で著名な人材を輩出している学校は、少なくとも道内においてそうはありません。
かつて黒川先生が母校を訪れた際、学校に書が寄贈されましたが、その一つが、3号館1階エレベーターホールに飾られている「愚公移山」という書です。
この言葉の意味は、「一般的に不可能だと思うようなことでも、地道にコツコツと続けているうちに、いつかは必ず目標は達成できる」というものです。医学の発展という高い志に、北海で学んだことを糧にコツコツと癌研究を続け、早期発見のためのレントゲン車を日本中に普及させた黒川先生自身の体験を、私たちに伝えてくれているものだと思っています。どんなに著名になった先輩の誰もが、決して最初から高い才能や能力を持っていた訳ではありません。むしろ挫折や失敗を経験した者が、多くの仲間からの信頼を得られる人間力を養い、己の心身と考え方を鍛えて、志に生きた結果です。
今の北海生にとっても決して不可能なことではありません。むしろ先人を敬い、自信を持って志を立てるべきです。本校に学ぶ者として今一度北海の歴史を知り、建学の精神を自分の中に取り込んで、皆さんには将来、「世のため人のために尽くせる人」を目指してもらいたいと願っています。

選手激励会を行いました

2022-05-13お知らせ

 5月16日の開校記念日を来週に控えた本日、全校集会と選手激励会を行いました。例年であれば体育館に集合して行っていましたが、今年は放送とZoomを使用して、各教室での開催となりました。

校長先生のお話 各部活の主将より決意表明

北海学園特待奨学生の認証式を行いました

2022-04-19お知らせ

本日、校長室において令和4年度の北海学園特待奨学生の認証式が行われました。これは昨年度、成績が最優秀だった3年生と2年生に与えられるもので、1年間の授業料が免除されます。おめでとうございました。

新入生歓迎会を行いました

2022-04-15お知らせ

 本日の午後、体育館に於いて新入生歓迎会を行いました。部活動紹介は、本来であればほとんどの部活動がステージで実演し、直接説明をしているのですが、今年度は主にビデオによる紹介となりました。放課後は興味のある部活動に話を聞きに行くことになっています。

弓道部の実演 女子バドミントン部の紹介 インターアクトボランティア部の紹介 吹奏楽局の演奏

入学式 校長式辞

2022-04-09校長先生から

 春うららかな今日のよき日に、北海生となった403名の新入生の皆さん、保護者の皆様、ご入学おめでとうございます。心よりお祝いを申し上げます。また、公務御多忙の中、御臨席を賜りましたPTA会長様には、厚く御礼申し上げます。教職員一同この喜びを胸に、よりよい教育活動になるよう三年間精一杯、皆さんをサポートし、皆さんと共に歩んでまいります。
 さて、新入生の皆さんは、この二年間、新型コロナウイルス感染症の拡大に振り回されました。思い描いていた生活ができず、不安と闘いながらも、人生の大きな節目となる高校受験に挑み、その局面を乗り越えられたことに敬意を表します。不自由さを感じる中での生活にも、「人に対する感謝」、「協調することの大切さ」、「知恵を絞れば、柔軟に変化に応じられること」など、多くの気づきがあったことと思います。皆さんが感じてきたことは、これから皆さんが人間的に成長していくために、そしてよりよく高校生活を送っていく上での確かな土台になるものです。ぜひともポジティブな気持ちを持って、北海高校での生活をスタートさせて下さい。
 北海高校の起源は、1885年(明治18年)に創立された北海英語学校にはじまります。北海英語学校は、現在の北海道大学への進学をめざした中等教育機関でした。当時の授業は、ほぼ全ての教科が英語の原書を使って行われておりました。その教育のあり方は、新しい時代を切り拓いていこうという理念と高い志によるものでした。北海高校の教育の原点は、時代が移り変わっても、広い視野で生きる上での目的を定め、その志を達成するためには努力を惜しまない。そんな気概に満ちた青年を育てることにありました。
 人間教育をベースとしながら文武両道の実現をめざしてきた北海高校の教育的伝統は、生徒がそれぞれの個性を認め合い、励ましあいながら切磋琢磨するという校風を生みだし、今日まで脈々と受け継がれて、優れた人材、個性的な人材を社会に多く送り出してきました。
 新入生の皆さんも、今日からはじまる北海高校での生活の中で、自分を磨き輝かせることのできる青春の舞台となることを心から願っております。
 みなさんが高校生活をスタートさせるにあたり、ぜひとも心得ておいて欲しいことを三点、お話したいと思います。
 まず、一つ目は「確かな人間力を備えてほしい」ということです。人間力とは「学問を活用する力」「人との関わりにおいて社会に役立とうとする力」「自分を律する力」のことだと考えます。今日は、グローバル化と科学技術の更なる発展により、様々な情報が世に溢れている時代です。皆さんが心豊かに生活するためにはこういった情報の善悪・真偽を正しく判断し、惑わされることのない確かな倫理観を養っておくことが不可欠です。人間力が高い人は、協調性と思いやりを兼ね備え、自分の信念のもと意欲的に行動し、その姿に共感する人たちから応援される人になることができます。
 二つ目は「何事にも挑戦し続ける姿勢を持ってほしい」ということです。将来、自分の人生をどう生きるかを考えることは大変難しいことです。実際、計画通りの人生を歩んでいる人などはほとんどいないといってよいでしょう。だからといって、失敗を恐れて成功しそうなことだけを選んでいくことは、決して賢明なことではありません。皆さんが生きていく世界は「予測不能の時代」だと言われています。荒波を乗り越える力を養うには、強い信念が必要です。挑戦には失敗もありますが、それでもあきらめずに挑戦し続けるには、はっきりとした目的意識で、小さくても具体的な目標を一つ一つ丁寧に実践していくことです。自己理解を深め、なりたい自分を目指してください。
 三つ目は「生涯の友を得てほしい」ということです。良き友とは、ともに喜び、ともに悲しみ、ともに人間性を高め合うことのできる真の友人です。いつまでも幼さが残り、安易な考えのもとで生活する者には、このような友人関係は育ちません。社会的な常識を重んじ、時には相手のためを思いあえて苦言を呈する強さを持つことが大切です。北海高校の日常には、クラスで作られる絆はもちろん、生徒会や課外活動など、人間関係を築ける多くの環境があります。その環境を活かす中で信頼を築き、尊重し合える心が育ちます。自分にないもの認め合い、他を思いやる心を忘れず、切磋琢磨していける真の友人を得てください。
 北海高校には、建学以来の基本精神を表すものとして「質実剛健」「百折不撓」という言葉があります。ちょうど皆さんから見て左手にその書が掲げられております。「質実剛健」は、うわべを飾ることがなく誠実であり、心身ともに強くたくましいという意味です。「質実」であることは信頼される人間であるための基礎であり、「剛健」であることは自分らしく生きるために不可欠なことです。また「百折不撓」は、何度失敗してもくじけないという意味です。北海生の誇りは失敗しないことではなく、失敗しても挫折しても、それにくじけないことにあります。新入生の皆さんには、自分らしく、よりよく生きていくためにこそ「質実剛健・百折不撓」の精神を、自らの中に根付かせて欲しいと願います。
 結びとなりましたが、保護者の皆様には、お子様の教育を本校に託していただき、心よりお礼を申し上げます。ご期待にそえるよう教職員一同、力を尽くして、日々の教育に取り組んでまいります。今日から始まる北海高校での三年間が、新入生の皆さんにとって、人間的成長の新たな出発点となり、人生の確かな土台となることを心から願い、以上式辞といたします。
                                  令和4年4月9日   北海高等学校長  秋山秀司

入学式を行いました

2022-04-09お知らせ

 本日、令和4年度新入生の入学式を挙行いたしました。403名の新入生を迎え、校長式辞、PTA会長祝辞、生徒会長歓迎の言葉、校歌紹介を行い、その後各教室で連絡事項を伝えられました。好天にも恵まれ、まさに晴れの一日となりました。

記念撮影の様子 新入生入場 新入生整列 生徒会長より

始業式 校長講話

2022-04-08校長先生から

 今日は、皆さんの顔が見える集会形式での始業式となったことを大変嬉しく思っています。校歌も心で感じ取りながら聴くことができました。明日は入学式となっており、403名の新入生を迎えますが全校生徒は1170名となります。3学年揃っての集会となると、まだ様子を見る必要があると判断しています。
 新型コロナウイルスの感染状況については、まん延防止重点措置期間が解除されて2週間余りが経過していますが、平均して高止まりの状態のなか増加傾向にあります。BA2なるステルスオミクロン株によって、第7波を懸念する声もありますので、私たちの生活でも、まだまだ気を抜くことはできません。感染予防の徹底とは、新しいことへの取り組みではなく、いかに、これまでやってきた基本的なルールを正しく守れるかということに他なりません。その徹底が、学校の活動を止めずに、皆さんがやりたいことにチャレンジすることが可能になることです。
 さて、今年度から本校は、完全週休二日制になります。北海高校は、皆さんの進路の実現、部活動での活躍、国際理解、この3つを重点的に頑張ろうとしている学校です。その特色を活かすために、これまで土曜日も授業を行ってきました。
     ( 中略 )
 話が少し変わりますが、皆さんは「大学入学共通テスト」は知っていますね。多分、皆さんの多くが来年、再来年に受験することになるでしょう。この「共通テスト」は、これまでのセンター試験の流れをくむものですが、大学入試改革の名のもと受験生の思考力や判断力を評価しようと移行した新しい入試で、今回2回目となりました。
今回の試験では、多くの科目で平均点が過去最低となったことでニュースにもなっていました。国公立、私大を問わず、全国ほぼ全ての学校が利用しているものですから、大幅に平均点が下がるということは、志望校決定に悩んだ受験生が多かったと思われます。今回、私は日本史の問題を解いてみたのですが、史料や図表を読み取らせる問題が圧倒的に増えていて難しさを感じました。例えば、日朝貿易に関する史料問題で、そこで出されていた史料が朝鮮のものでしたので、普段は見慣れないものだったと思います。ですが、史料の中に出てくる言葉を、情報として読み取って、自分が持っている知識を使って考えれば、実はちゃんと解答にたどり着ける問題でした。このことから、私が皆さんに伝えたいことは、これからの皆さんの学習に必要なのは、「思考の訓練」だということです。
 そもそも、受験勉強はその時が近くなってからやり始めるというものではなりません。また、単に暗記で知識を増やしても、それを使えるかどうかは別問題です。実は、「思考の訓練」は、いつでもどこでもできるものだと私は思っています。部活動でも意識を持って臨めば、相当な訓練になるでしょう。ただし、時間はかかりますね。ですが、よりよく考えることができるようになることは、何も勉強や受験のことばかりではなく、自分への自己理解はもちろん、他者の気持ちへの理解、表からは感じることのできないものへの想像力を伸ばすことができ、皆さんの日常生活を豊かなものにすることができると思います。
 皆さんには、仮に、同じものに対しても、一つの方向だけからものを見るのではなく、できるだけ多くの視点からものを観察し、考える訓練を、ぜひ実践して、それを続けてもらいたいと願っています。
     ( 中略 )
 正しく時間をマネジメントする原動力は、将来を見通した高い目標への信念です。
 北海生、それぞれが目指すところは違っても、仲間が何かに頑張っている姿に、互いがよい影響を受けて切磋琢磨できる一年になることを期待して、私からの年度初めの話を終わります。

令和4年度 始業式を行いました

2022-04-08お知らせ

 本日、令和4年度の始業式が行われました。2,3学年が体育館に集い、校長先生からのお話、新任の先生の紹介、生活指導部長からのお話、そして最後に春休み中に全国大会に出場した柔道部と新体操部からの報告がありました。体育館で集会を行うのは2年ぶりでした。明日は入学式が行われます。

始業式の開始 新任の先生方の紹介

修了式 校長講話

2022-03-22校長先生から

 皆さんおはようございます。はじめに、ただいま各賞の発表がありました。賞を獲得した者はもちろん立派ですが、この賞は、学業の面で全校生徒のそれぞれが努力し、仲間と切磋琢磨した結果ですので、改めて皆さんの頑張りを称えたいと思います。
 皆さん本当によく頑張りました。
 話は変わりますが、私たちの学校生活は、今年度も度重なる感染拡大により多くの学校行事が実施できませんでした。まずもって皆さんには、随分とやるせない思いをさせてしまったこと、本当に申し訳なく思っています。
そしてここ数カ月間の社会に目を移すと、災害クラスの大雪、大地震、そして海外で起こっている不穏な情勢など、コロナ禍であることに加えて、次々に皆さんが経験したことのない事象が起こっています。先の見えない不安もありますが、来年度の皆さんには、高校生として、北海生として、誰もがやるべきことに責任ある行動をとり、多くの経験を可能なものとして、将来、世の中の課題にも目を向けられる力が備えられるよう、学校生活を充実させていきたいと思っています。
 さて、今日は令和3年度の修了の日です。まずは謙虚な気持ちで、この一年間の自分の行動を振り返える必要があろうかと思います。特に私たちの言動の基になるものは、自分の中にある無意識の考えです。目標に向けて努力をすることには強い意思と意識が不可欠ですが、自分の弱さに負けてしまうことなく挑戦し続けるためには自分で感情をコントロールできることが大切であると感じます。
 アメリカの心理学者、哲学者として有名なウィリアム・ジェームズは、人の心の反応や行動についての研究者です。ジェームズは、「思考」とは後悔や反省そのものではなく、「反省を次にどう活かすかを考えること」だと定義づけて、そこには論理的な思考力が重要であるといっています。そして、思考したことは、必ず行動に移す重要性を説いていますが、私たちの実際の行動を振り返ると、むしろ感情の方が大きな影響を与えているのではないかと思います。つまり、反省したものを次に繋げる際、今度はこのようにした方が良い、今度こそこうすべきだという改善を加えた予定した行動よりも、やり始めると、やっぱり自分はこうしていたい、楽をしたいなどと、それまで慣れてきた行動パターンにどうしても傾向してしまいがちです。
 しかし、自分の中で確固たる目標や強い決意と感情が上手に結びつけることができれば、自らが取り組むべき課題がはっきりとして、確信を持って行動につなげられるはずです。
 このような感情のコントロールを可能にするには、常にポジティブな考え方でいられることが有効であるといわれています。
 例えば、何かをしようとする時、もし失敗したらどうしようという考えではなく、良い面を積極的に評価しようという意識を持つことです。今年度の北海高校では野球やサッカー、そして多くの部活動が全国大会に出場しましたが、学校を代表して頑張っている仲間のことを他人事のようには考えず、同じ北海生として自分自身が誇りを感じることであったり、また、前生徒会執行部が企画してくれたGDdayは、全校生徒で楽しみながらも多くのことを学ぶことができた有難い経験を提供してくれて嬉しかった。そのように受け止められることは、北海生の集団としての力量にもなります。こうしたお互いの信頼関係を安定的に保てることは、皆さん一人ひとりの精神が鍛えられ、勉強でも部活動でも感情に左右されずに切磋琢磨することのできる確かな基礎力になり得ます。当然、挑戦したことへの結果も違ってくるでしょう。
 ウィリアム・ジェームズは「心が変われば行動が変わる。行動が変われば習慣が変わる。習慣が変われば人格が変わる。人格が変われば運命が変わる。」という名言を世に残していますが、実は、どのようなことであっても成功への可能性を高めるには、感謝の気持ち、そして自信を持つというシンプルな心の持ちようが重要であり、それをいかに充実させ継続させられるかにかかってくるのだと思います。どうか皆さんには、今日のような話を参考にして、より強い志で目標に向かっていける精神の基盤を作ってもらいたいと願っています。
 最後になりますが、今年卒業した先輩は、第74期生です。その先輩が残してくれた進路実績や部活動の実績も、後輩の皆さんへのメッセージとして捉えれば、やる気と勇気が湧いてくるでしょう。「自分達にできたことは、きっと後輩の皆もできる」、「自信と覚悟さえあれば必ずやり通せる」「絶対に諦めるな」。そんな先輩の声が聞こえてくるようです。
 明日から春休みになりますが、ひきつづき感染予防を徹底して、4月には、よいスタートが切れるよう有意義に過ごしてください。

令和3年度の修了式を行いました

2022-03-22お知らせ

 本日、令和3年度の修了式が行われました。今回も体育館には集合せず、放送による集会となりました。校長先生のお話の後、今年度で離任される先生からのご挨拶がありました。来年度はコロナの感染が落ち着き、通常通りの集会ができればいいな、と願っています。

カテゴリ
お知らせ
学校公開
校長先生から
フォトギャラリー
月別アーカイブ
2022年05月
2022年04月
2022年03月
2022年02月
2022年01月
2021年12月
2021年11月
2021年10月
2021年09月
2021年08月
2021年07月
2021年06月
2021年04月
2021年03月
2021年01月
2020年12月
2020年10月
2020年08月
2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2017年08月
2017年06月
2016年11月
2013年09月
2009年11月
2009年07月
最近の記事
最近の記事